大正時代末期、日本。

ある平和な田舎町に、親指姫と呼ばれる美しい少女がいた。彼女は生まれつき身体が小さく、まるで人形のように愛らしい容姿をしていた。

幼い頃に父親を亡くした彼女と、病弱な母親との生活は楽なものではなかったが、決して不幸ではなかった。

――

それは、親指姫の十六歳の誕生日前夜の出来事。

異変に気付き親指姫が目を覚ますと、家は火の海に包まれていた。そして、傍らには見知らぬ老婆が佇んでいた……。


アンデルセン童話「おやゆび姫」をモチーフに展開するサイコホラーADV。ノーマルエンド到達後には、変態どもと恋に落ちる乙女ゲームモードが解放される狂気仕様。


欲望を、解き放て。