一人目の変態

引き篭もりの文学少年・蟇蛙(ひきがえる)。食人の風習がある村に生まれ育ち、いつか好きになった女の子に自分を食べて欲しいと云う願望を抱いている。

CV:酒味たろう

ボイス試聴【1】【2】

二人目の変態

見世物小屋の団長・黄金虫(こがねむし)。双頭の妹と共に見世物小屋の一座を率いる面倒見の良い男ではあるが、女性の足を切断・収集する趣味がある。

CV:如意棒

ボイス試聴【1】【2】

三人目の変態

貿易商の若旦那・土竜(もぐら)。紳士的で上品な男だが、裏では身寄りの無い少女を引き取り殺害・人形に加工し展示する事を生き甲斐としている。

CV:鴻文人

ボイス試聴【1】【2】

四人目の変態

忠実なる下僕・燕(つばめ)。元は王子の所有物であったが親指姫に仕えるよう命令を受け、親指姫の「物」となる。ただ命令される事だけを望み、どんな命令であっても淡々と遂行する。

CV:鶴谷皇輔

ボイス試聴【1】【2】

最後の変態

花の国の王子。親指姫を「鬱金香(うこんこう)」と呼ぶ、いつも笑顔を絶やさぬ明るい青年。親指姫を愛するあまり他の人間には彼女の姿を見る事も、声を聞く事も許さない。命に背いた者は残虐な手段で“処分”する。

CV:ぺけ丸

ボイス試聴【1】【2】

物語の主人公

薄幸の美少女・親指姫(おやゆびひめ)。生まれつきの小さな身体のため同年代の少女らよりかなり幼く見える。16歳の誕生日に誘拐された事をきっかけに、彼女の人生が狂い始める。

CV:華火

ボイス試聴【1】【2】

※一部の端末からはボイス試聴できない場合があります。予めご了承下さい。

その他のキャラクター